ガシャポン(ガチャガチャ)にハマった話

私がガチャポンにハマったのは、当時ガン消しやキン消しというものが流行っていた時でした。

ガシャポン(ガチャガチャ)にハマった話

私がガチャポンにハマったのは・・・[男性 38歳]

私がガチャポンにハマったのは、当時ガン消しやキン消しというものが流行っていた時でした。

今のガチャポンは、百円スタートのものが多くみられますが、当時は二十円からできるものもあり、駄菓子屋に置いてあるガチャポンというイメージもありました。
ガン消しとは、ガンダムの消しゴムのことで、キン消しと言えばキン肉マンの消しゴムになります。勿論、事務用品の消しゴムとして使うものではなく、今の時代でいうところのフィギュアの存在に近いもので、飾って見て楽しむ、集めて戦わせて楽しむといった要素がありました。

全シリーズ集めることに執着していましたので、ガチャポンの機械の横から中を覗き込み、目当てのものがあるのかを確認して、ひたすらガチャポンのレバーを回していた記憶があります。
今の時代は、玩具屋さんに百円から置いてあるのをよく見かけます。お菓子のおまけについている小さなフィギュアみたいなものがガチャポンに入って、それを目当てにガチャポンをすることがたまにあります。今は、妖怪ウォッチも流行っていて、コンプリートしたいと思ってしまうと、ガチャポンは辞められなくなります。

ギャンブルでも話題のワード、以下サイトをブックマークしましょう